2001年度研究論文・報告


❖博士論文

・鄭 炳表:市街地の拡大に伴う地震被災危険の経年変化に関する研究

・北嶋 秀明:開発途上国への建築分野の技術協力における発展要因に関する研究

❖修士論文

・鯉渕健太郎:電力自由化に伴うエネルギー需給動向の変化に関する調査研究ー横浜・川崎市におけるケーススタディー

・佐藤順子:福島県原町市における熱環境特性と民生用エネルギー消費に関する調査研究

・曽我拓央:東京都における高温熱源・低温熱源を活用したエネルギーシステムのグランドデザイン

・園原絋佑:福島県における第3次地域区画を用いた環境特性評価に関する研究ー自然と共生した土地利用検討のための地域情報データの活用ー

・千葉亜紀:商店街活性化を中心とした街づくりにおける地域情報の役割

・東大志:降雨にともなう崖災害の危険性に関する研究ー横浜市におけるGISを活用したケーススタディー

・福嶋歩美:生活の中に癒しを生み出す建築空間の意匠に関する研究

・宮崎聡太郎:都市における市民農園の有用性に関する研究

・呉 冰:横浜市における火災特性と市民の初期消火能力に関する調査研究

・劉 峰:都市における人の生活時間調査による地震防災データベースの構築と活用ー生活行動の時間配分と人の基本属性との関係ー

・小林哲也:地域環境活動を通してのコミュニティ形成に関する研究ー神奈川県における環境市民団体活動と小学校の連携の可能性についてー

・劉 峰:都市における人の生活時間調査による地震防災データベースの構築と活用

・小林哲也:地域環境活動を通してのコミュニティ形成に関する研究

❖卒業論文

・荒井大輝:地域冷暖房における蓄熱システムの導入効果に関する研究

・市野幹大:環境特性を活かした土地利用のあり方に関する研究ー福島県原町市における環境調和都市実現のための実践的研究・その1ー

・梶原慎:未利用エネルギーを活用した地域熱供給の有用性に関する研究

・叶貴之:エネルギー消費実態調査と環境負荷削減に関する研究ー福島県原町市における環境調和都市実現のための実践的研究・その2ー

・田中 陽:バイオマスの潜在能力評価とその有効活用に関する研究ー福島県原町市における環境調和都市実現のための実践的研究・その3ー

・谷和也:エネルギー消費実態調査と環境負荷削減に関する研究ー福島県原町市における環境調和都市実現のための実践的研究・その2ー

・古川賢司:都市と近郊農村における環境連携システムに関する調査研究ー愛知県豊橋市における有機性廃棄物の資源循環の検討ー

・森岡寛江:都市における地震災害直後の意思決定支援システムの開発に関する基礎的研究ー緊急対応におけるGISとシナリオ的手法の活用ー

・渡部杏子:業務ビルと集合住宅のエネルギー連携の可能性に関する研究

・前村恒:インターネットを活用した災害関連情報の公開に対する住民意識調査と考察ーWebGISを活用した情報伝達の手法とケーススタディー

□学会論文(査読付)

□学会論文(大会発表、査読無し)

□国際会議発表論文

□その他(共同研究報告書など)