2002年度研究論文・報告


❖博士論文

・川崎 昭如:地理情報データベースによる都市防災情報システムの構築に関する研究

・胡 哲新:災害時の人的被害把握のための時空間人的活動データベースの構築に関する研究

・田中 貴宏:地理情報を活用した「環境と調和した都市づくり」に関する研究

❖修士論文

・有村陽介:GISを基盤と知る震災対応ナレッジマネジメントシステムの構築に関する研究ー横浜市保土ヶ谷区におけるケーススタディーとプロトタイプシステムの提案ー

・川津大輔:災害時における住民による救助活動シミュレーションに関する研究

・河原健太:佐渡島のお寺の新しい活用に関する研究

・久木裕:原町市におけるバイオマスエネルギーシステムの導入可能性に関する研究

・齊藤友朗:道路データモデルの震災対応諸活動支援への活用に関する研究

・長嶋憲治:複合熱源による高効率な地域冷暖房システムに関する研究

・藤津克彦:居住者からみた快適性・利便性評価を踏まえた土地利用のあり方に関する研究

・湯川喬介:WebGISを活用した環境情報の公開に関する調査研究

・吉成主税:商店街活性化のための市民協働型店づくりの実践ー商学協働による商店街活性化に関する研究ー

・朴 英眞:都市型水害軽減のための地域の浸水特性分析

・佐藤祐子:地域内有機物循環型の学校給食に関する研究:農業従事者の意識調査をもとにした実現の可能性の検討

❖卒業論文

・入部淑美:福島県原町市における物質流動と建築物の資源投入・廃棄に関する調査研究

・大場康弘:ヒートアイランド緩和のための都市エネルギー供給処理システムに関する研究

・木暮大介:地域冷暖房の余剰能力を用いた拡大システムの経済性に関する研究

・澤田匠:大震災時における横浜駅周辺の避難誘導計画に関する研究ー時間帯別の人口変動を考慮したシナリオ想定ー

・新藤大介:福島県原町市のエネルギー消費実態調査とバイオマスのかつように関する研究

・藤田真弓:都市と近郊農村における環境連携システムに関する研究ー愛知県豊橋市における物質循環の検討ー

・前田千佳子:インターネットを活用した災害情報の提供に向けての個人情報の取り扱いに関する研究ー地域防災組織におけるアンケート調査を通してー

□学会論文(査読付)

□学会論文(大会発表、査読無し)

□国際会議発表論文

□その他(共同研究報告書など)