2005年度研究論文・報告


❖博士論文

・朴 英眞:GIS(地理情報システム)を活用したマルチハザード対応支援システムに関する実践的研究

❖修士論文

・今増圭介:安心安全まちづくりのための空間情報共有プラットフォームに関する研究

・奥村真子:急傾斜地崩壊予測精度の向上と土地利用を考慮した対策優先度評価に関する研究

・上條信一郎:夏季における打ち水を利用した熱環境改善に関する研究

・国沢和朗:横浜市の都市構造把握のための類型化と将来展望

・小山顕寛:火力発電所の熱併給化によるエネルギーの面的利用に関する研究

・鈴木亘:神奈川県関連流域における水環境マネジメントを目的とした空間情報の構造化と活用に関する研究

・百武彩:都市型清掃工場を起点とした熱源ネットワークの構築に関する研究

・福井徹:日本におけるエネルギー面的利用期待地区の抽出に関する研究

・福原一樹:地域需要特性に応じた分散型エネルギーシステム導入評価に関する研究

・吉田幸平:神奈川県流域の上水道維持管理に基づく水源環境評価に関する研究

・李龍吉:災害時要援護者に対する効率的支援のための空間データベース構築に関する研究

・畝森泰行:見切り論

❖卒業論文

・浅野真由子:神奈川県伊勢原市における環境行政としての下水道事業評価

・潮田尚史:神奈川口構想における工場排熱活用事業の評価に関する研究

・小見山浩一:地域暖房・給湯システム導入集合住宅におけるエネルギー消費実態調査・研究

・小山福栄:打ち水による環境意識の変化の考察と最適な打ち水方法に関する研究

・寺畠勇貴:伊勢原市における親水性の現状と親水期待地区の抽出

・新津正浩:戸建て住宅街区における燃料電池・太陽光発電利用システムの構築に関する研究

・村井雄高:ライフサイクル視点からの地域エネルギーシステムの環境負荷削減効果に関する研究

・吉田翔:伊勢原市における都市構造の解明と将来像の提案―GISを用いた持続可能性指標分析―

・泉真彦:中小規模河川におけるGISを用いた流域環境評価―神奈川県伊勢原市におけるケーススタディ―

□学会論文(査読付)

□学会論文(大会発表、査読無し)

□国際会議発表論文

□その他(共同研究報告書など)