2007年度研究論文・報告


❖博士論文

❖修士論文

・長谷川幸教:都市で発生する有機性廃棄物を資源として活用する循環型社会の構築ー地域に適した処理方法の検討ー

・潮田尚史:高密度地域におけるCGSを用いた最適エネルギーシステムの省CO2ポテンシャル評価

・小宮山浩一:京浜臨海部産業系排熱を活用した民生部門におけるオフライン熱供給システムの導入に関する研究

・新津正浩:東京都心区における省CO2ポテンシャルとその実現方法に関する研究ー東京都千代田区におけるケーススタディー

・西岡隆暢:横浜市羽沢地区の鉄道新線開発にともなう環境負荷分析

・村井雄高:既成市街地における分散型電源を用いた建物間エネルギー融通に関する研究ー新横浜地区における実例検証ー

・泉 真彦:GISを用いた下水道整備にともなう河川水質改善効果の解析ー境川の水質経年変化と流域環境変化の関連分析ー

・大原 誠:関東八都県市庁舎建物における非常時エネルギー自律性に関する調査研究

・菅野正人:秦野市における地下水保全のための雨水活用に関する研究

・寺畠勇貴:桂川・相模川における水質・水量の経年変化とその影響要因に関する空間分析

❖卒業論文

・遠藤愛美:羽沢新駅開設による周辺地域の生活環境変化

・加藤 亮:横浜市における谷戸地形を包含する地域の類型化とそのあり方に関する研究

・五味 尚:スタジアムにおける非常時を踏まえたエネルギー消費改善に関する研究

・篠原 壮:横浜市における保水性舗装のあり方に関する研究

・関望菜美:いたち川流域と帷子川流域の水辺愛護会の活動状況の違いとその要因の分析

・奥山絵里:長期停電が生活維持機能に与える影響と今後の停電対策のあり方に関する研究 

□学会論文(査読付)

□学会論文(大会発表、査読無し)

□国際会議発表論文

□その他(共同研究報告書など)