2008年度研究論文・報告


❖博士論文

・浅野俊幸:GISを基盤と下災害対応のための情報共有システム構築に関する研究

❖修士論文

・伊藤駿平:建物間エネルギー融通の効果的導入に関する研究ー長期的な視点での都市における導入効果要因の一般化ー

・鄭 愚耕:ヒートアイランド軽減のための斜面緑地および河川風の効果に関する実測研究

・釜賀将博:既成市街地の更新に合わせた地域冷暖房の更新・拡張に関する研究ー横浜駅周辺を対象としたケーススタディー

・山塙哲史:都市構造の変化によるエネルギー消費削減効果の空間分析

・張 瑶:首都圏におけるCGS導入を契機とした地域分散型エネルギーシステムの導入可能性と効果の評価に関する研究

・新木希美子:地域コミュニティにおける活動圏域と避難所選択行動に関する研究

・梅沢幸樹:災害時の自立性を確保する拠点区域の構築に関する研究

・小笠原峻志:谷戸地形を有する住宅地の夏季の熱環境特性解析ー横浜市保土ヶ谷区仏向地区における解析とその対策の提案ー

・越 春美:住宅団地における自然資源を活用した夏季の熱環境緩和に関する研究ー横浜市若葉台団地での実測調査に基づく解析と対策の提案ー

・黛 奈奈:斜面市街地の生活道路に着目した斜面市街地の生活道路に着目した

❖卒業論文

・中里孝正:都市農地の外部性価値に着目した環境評価とその評価要因分析ー横浜市都筑区を対象にしてー

・新田哲也:横浜市における集合住宅団地の植栽管理のあり方に関する研究ー旭区若葉台団地を事例としてー

・山本哲史:熱供給・排熱処理システムを用いた省排熱・CO2半減型都市のモデルシステムの構築と評価に関する研究ー横浜インナーハーバーを対象としてー

□学会論文(査読付)

□学会論文(大会発表、査読無し)

□国際会議発表論文

□その他(共同研究報告書など)