2010年度研究論文・報告


❖博士論文

❖修士論文

・中里孝正:横浜市における緑地減少の要因分析と今後の緑地計画に関する研究

・山本哲史:地域冷暖房を核とした電気と熱の総合エネルギーマネジメントシステムに関する研究

・白石ひろ子:太陽エネルギーを活用した建物間エネルギー融通に関する研究

・林美玲:谷戸地形の夏季の熱環境特性

❖卒業論文

・岩尾昭吾:太陽エネルギーを活用したカーボンマイナス戸建住宅に関する研究

・大澤和久:家具への間伐材利用の課題と今後の展望

・所澤諒司:建物用途の混在と地域エネルギー負荷に関する研究

・古市隼斗:秦野市における再生可能エネルギー導入可能性に関する研究

・牧野公彦:神奈川臨海部における工場排熱の実態の変化に関する研究

・吉岡達哉:コンパクトシティのための駅勢圏からみた横浜市人口特性分析

・小松慎也:清掃工場における排熱利用の現状調査と排熱供給ポテンシャルに関する研究

・陳麗斯:東京都区役所施設の自立性向上のための常用防災兼用CGS等の導入可能性と効果の評価に関する研究

・韓国の中央暖房式アパートの暖房使用量の削減に関する研究

□学会論文(査読付)

□学会論文(大会発表、査読無し)

□国際会議発表論文

□その他(共同研究報告書など)